修理業者にiphoneの修理を依頼するデメリット

非正規店の場合には正式なサポートが受けられないことも

iphoneの正式な修理や交換などのサポートを受ける際には、改造などを行っていないことが条件になります。正規品以外のパーツが使われていたりケースを開けた跡など、改造や非正規店での修理の形跡があると、修理対応を断られることもあります。改造の形跡がなければ修理対応自体は受けられますが、規約に違反することになるのでとても危険です。非正規店でiphoneの修理を依頼した後で再度故障した際に、正規店などで修理を依頼しても断られる可能性があることを、念頭に置いておく必要があります。特に1年間の無償保証期間内に非正規店へiphoneの修理を依頼すると、1度も無償修理が受けられないことになるのでタイミングにも注意が必要です。

症状が再度発生したり再度故障することがある

非正規店では正規品のパーツではなく、非正規のパーツなどを使って修理を行っている場合が多いです。また修理を行うスタッフや修理の質についても、正規店とは大きく異なっていて修理の方法も独自のものです。修理の質が低くなるため修理が終わって返却された後でも、しばらくしてから症状が再度発生したり故障することもあります。症状が再発した場合でも修理のやり直しなどは行ってもらえないことも多く、確実に症状が改善するという保証もありません。その他にも修理に使用するパーツの相性などで、本来のパフォーマンスが発揮できなくなる可能性もあります。確実に修理してもらいたい場合には非正規店では修理を依頼しないほうが安心できます。

iphone修理を吉祥寺で手掛ける専門店の場合、駅からのアクセス性や作業品質をはじめとした様々な面で定評のあるお店が多く、突然の故障でも気軽に修理依頼が可能です。

© Copyright Solve Phone Doubts. All Rights Reserved.